おすすめ・人気商品

原付(原動機付自転車)

原付(原動機付自転車)とは

原付(原動機付自転車)とは原動機を備えた小型の二輪車を指します。道路交通法によると50cc以下が原付となります。道路運送車両法では、二輪車のうち排気量125cc以下のものを原付として定めています。125ccを超え250cc以下の二輪車は「二輪の軽自動車(軽二輪)」、250ccを超えるものは「二輪の小型自動車(小型二輪)」となります。道路運送車両法により、自動車は「登録」されなければなりませんが、125cc以下、運輸局への届け出は必要なく、市区町村に地方税の納付申告を行い、ナンバーを受け取ります。また、原付(125cc以下)は車検の必要はありません

原付は普通免許証を持っていると運転できる

免許証は学科試験と実技試験に合格すれば取得できます。原付免許と普通二輪免許は16歳から取得できます。普通免許証を持っていると、50ccの原付も運転できます。125ccまでの普通二輪小型限定は自動車教習所で取得する必要があります。

原付の保険と税金

50cc以下の原動機付自転車の軽自動車税は年間2,000円で4月1日時点のバイクの所有者に支払い義務があります。原付は「自動車損害賠償責任保険」(自賠責保険)への加入が義務づけられています。原付の保険料は2020年11月1日現在、12ヵ月7,060円です。まとめて払うことにより大幅に安くなります。

原付のよさ・メリット

  • まずはバイク本体の安さ、維持費です。原付の値段、税金・保険、燃費など自動車とは比べようがなく安いです。原付自体を購入してしまえば、維持費はほとんど気にしなくて済みます。
  • 自転車に比べて、遠くまで行けることです、自動車で簡単に行ける場所ならまず行くことができます。また、バイクに積める物なら運ぶことができます。もちろん坂道が楽というメリットもあります。
  • 小回りが利く。駐車場に困らない(場所にもよりますが)など。

原付の注意点

まずは雨風寒さ厚さなど季節天気などの影響が多いことです。雨具や防寒着、時には着替えなど備えなくてはなりません。またヘルメットの着用義務があるため髪型など乱れる心配があります。また事故に遭ったときのけがの恐れがあります。

原付で生活に変化を

その様な、デメリットはありますが、原付に乗ることができれば、行動範囲が増え、時間の節約にもなるでしょう。原付に乗って生活を変化を起こすのも良いことではないかと思います。

おすすめ人気原付(原動機付自転車)

スズキ レッツ 50cc 原付レッツ

軽量で扱いやすい。派手すぎないがかわいらしいデザイン。シート下にヘルメット収納可。燃費も良く、満タンで200km走行可能。フロントにラック、後ろのリアキャリアに荷物の積載できます。実用的でコスパに優れています。

ヤマハ YAMAHA ビーノ 50cc 原付

レトロ感のあるスタイルが人気。アイドリングストップシステムやブレーキングをサポートするシステムを搭載。下トランクやふろんと・グローブボックスなど収納性が良い。充電できるアクセサリーソケットを装備。。加速が良く走りが安定している。お洒落で女性にも人気

ヤマハジョグ JOG 50cc 原付

実用性コストパフォーマンス抜群。リアキャリア、シート下トランクなど高い収納性。バランスよくブレーキングをサポートしてくれるブレーキシステム。盗難抑止を目的としたシャッター付きキーシリンダー。加速と燃費は良い原付バイクの王道。

-おすすめ・人気商品

© 2021 おすすめポイントサイトでお小遣い稼ぎ